借金 返せない 額

借金が返せない額になりどうしようもない

借金を返せなくなった

 

借金が返せない金額になりどうしようもなくなっている

 

今の収入では今後も返済を続けていくことは不可能

 

収入が減った、失業した、仕事が見つからず返せない

 

事情があって仕事を辞めなければならず収入がなくなった

 

返済するために、また借金を重ねて返済に充てている

 

もうお手上げの状態で借金返済をあきらめ放置している

 

もし、このような状況になっていても解決する方法はあります。当サイトでは借金が返せないでどうしようもなくなっているあなたに返済の方法、借金問題の解決法をご紹介したいと思います。

 

借金を返せないとどうなるのか?お金を借りている金融業者によって対応に違いがありますが、ひとつ共通しているのは、返せないまま放置していると状況は悪くなっていくばかりだということです。

 

一箇所だけでなく何箇所もの借入先から請求が来ているのではありませんか?返済が追いつかなくなり返済分を他のカードローンやキャッシングを使って借金をし、それを返済に充てている多重債務、自転車操業の状態なら行き詰まるのは時間の問題ですから専門家による解決をおすすめします。

 

特に返済の滞納が続いている場合であれば急がなければなりません。金融業者から残りの借金の全額に対して一括返済請求がくる可能性が高まります。そのあとは法的な手続きによって、強制執行、つまり差し押さえという強硬手段に打って出る可能性もありますから要注意です。

 

現状のままでは借金をこれ以上返せない、返済を続けていくのが苦しいのであれば、解決を急ぎましょう

 

借金が返せないままで、度重なる金融業者からの督促や請求に怯え、精神的に追い詰められているのなら専門家に相談して最適な解決法を提案してもらうことが大切です。

 

ただ、大切なことは借金の総額、あなたの収入などの条件によりベストな対策は異なってくる、ということです。

 

経験豊富な専門家である弁護士、司法書士のアドバイスは必須ですが、いきなり訪問するのは気が引けますよね。

 

そんな時に最適な24時間いつでも無料で借金問題を相談できるネットのサービスが評判です。手軽に匿名で利用でき最適な解決方法を経験豊富な弁護士、司法書士からアドバイスしてもらうことができます。

 

こちらからまずメールで無料相談

借金無料相談バナー

借金返済に困っている人はめずらしくない

借金が返せない額になってしまうと毎日毎日返済のことばかり考えるようになってしまいます。お金のことが頭から離れなくなり逃げ出したくなる気持ちになりますよね。

 

とはいえ、放置すれば消費者金融などは給料差押などの行動に訴えます。

 

その前に、弁護士事務所などに相談して、上手な債務整理の方法を教えてもらうことができます。

 

返済の督促に終わりのない悩み

 

借金返済に悩んでいることは内緒にしたいものです。

 

こんなみっともない事態に陥っているのは自分だけだろうと思うと、余計自分がみじめになってしまうかもしれません。

 

しかし、心配には及びません。同じような悩みを持っている人は案外多いものです。

 

3割以上は悩んでいる

 

平成22年厚労省が調査した結果によりますと、収入・家計・借金といったお金関係の悩みを抱えている人は、20代から50代までの3割から4割を占めています。

 

半分以上とは言いませんが、結構多いと思いませんか?

 

 

自分だけが借金で悩んでいるわけではないことがお分かりになったことでしょう。

 

誰しも、お金の問題は大きな悩みの種になっているのです。

 

他人に言えない事であることは間違いありませんが、1人で悩むことでもないのです。

 

 

早く抜け出そう

 

借金問題を解決する方法はきちんと存在します。返せないほどの額になった借金は一人では解決できません。弁護士さんに依頼をして債務整理をするのです。

 

難しい事ではありません。全て弁護士さんがやってくれます。ただ、ちょっとでも早く相談すれば、より有利に問題解決ができます。

 

早めの相談が自分の悩みを解決します。早く借金問題から抜け出しませんか?

 

 

借金が返せないままだとどうなるのか

 

ようやく相談する決心がついた

借金問題は悩んでいるだけでは解決しません。返済が苦しいのに無理やり返済しても傷口を広げるだけです。

 

借金を返せないまま放置していると、消費者金融などは裁判を起こします。

 

裁判では消費者金融が勝訴するので、裁判所から差押令状をもらい、給料や預金を差し押さえるのです。

 

しかし、自分で行動を起こせば、このような最悪の事態を回避することができます。

 

督促されます

 

借金が返せないからと返済が滞ると、消費者金融は督促状を送ってきます。

 

裁判所に訴えて給料や預金を差し押さえると言う恐ろしい文言が記載されているのです。

 

 

こんなのタダの脅しだとバカにしてはいけません。

 

貸したお金を回収しないと消費者金融は営業ができなくなります。

 

債権回収に対する執念は想像以上のモノがあります。

 

最悪の場合は…

 

督促されても借金の返済がなければ消費者金融は最終手段として裁判を起こします。

 

裁判所から出頭命令が届き、自分は「被告人」となるのです。

 

 

こんなことにしたいと思う人はいないはずです。何らかの手段を取らなければいけません。早ければ早いほど有効です。

 

返せない借金に悩んでいるなら、すぐ行動を起こしましょう。

 

 

借金が返せなくなった時の具体的な対策は

 

債務整理で新しい生活のスタート

 

では、借金が返せないほどの金額になってしまったらどうすればいいのでしょうか。ベストの方法は債務整理です。

 

 

他の金融機関からお金を借りて返済しても、利息が膨れ上がるだけで何の解決にもなりません。

 

借金問題を本当に解決するためには、返済額を減らすことと言い切れます。

 

それができるのは、債務整理のノウハウを持つ弁護士さんだけです。

 

 

任意整理がベスト

 

世の中には借金問題を解決しますと甘い口調の広告が良くあります。しかし、そのほとんどはヤミ金です。

 

ヤミ金でお金を借りるとどうなるかはご存知でしょう。

 

 

クレジットカードの現金化や金券の換金も借金の額を増やすだけで解決にならないばかりか傷口を広げるだけです。

 

債務を減らす以外に方法はありません。

 

その決定打が任意整理なのです。

 

返済額が激減します

 

任意整理は元本を3年から5年で返済することを条件に、利息を全額免除する債務整理の方法です。

 

そのため、毎月の返済額がかなり少なくなります。

 

 

消費者金融の利率は結構高いため、利息を減らすだけで効果があります。

 

今まで自分が一生懸命返済していた努力は一体何だったのだろうと思ってしまう事も多いようです。

 

 

早めに行動して借金問題解決へ

 

債務整理を得意とする弁護士さんは、債務整理の際にまず任意整理を検討します。

 

スピーディーに債務整理が終わるだけではなく、依頼者の負担も少ないためです。

 

もし、借金の額が多すぎると元本返済もできず、官報などに公表される自己破産を選択する必要が生じてしまいます。

 

 

弁護士費用が多くなるだけではなく、官報に載った日からヤミ金などのDMや自宅訪問が非常に多くなり、日常生活に支障が及びます。

 

借金が返せない額になったと思ったら、早めの行動をお勧めする理由です。

 

 

弁護士さんに依頼しましょう

 

債務整理は自分一人ではできません。

 

特に消費者金融などとの交渉が必要な任意整理は、自分だけで使用としても相手にされません。

 

債務整理を専門にしている弁護士さんでなければ現実的には対応してもらえないのです。

 

 

弁護士さんは依頼者の家族に内緒にできるように最大限の配慮をしてくれます。安心して依頼できますよ

 

 

最初の相談は無料です

 

とはいえ、弁護士さんに依頼すると相談料だけでもお金が必要だと思っている人が少なくないようです。

 

しかし、依頼者の懐具合を知っているため、債務整理専門の弁護士さんは最初の相談料を無料にしています。

 

 

また、債務整理が始まると借金返済が一時停止されるため、解決するまで返済資金を弁護士事務所への報酬とすることも可能です。お金の心配はいりません。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にできる 

借金無料相談バナー

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談全国対応

ヤミ金無料相談バナー

借金の履歴とブラックリスト

ブラックリストに載ってしまった

 

毎月の返済が滞り、滞納、延滞を繰り返しているのであれば、あなたの情報はすでにブラックリストに載っている可能性がとても高いのです。俗に言うブラックリストとは全ての金融機関で共有している個人に関しての信用情報であり、情報機関によって事故情報として記録され、各金融会社の必要に応じて情報提供しているものです。

 

国内には現在のところ、信用情報機関が3つあり、それぞれ信販会社、銀行、消費者金融、携帯電話会社などが加盟しており、顧客、利用者の借入申込の状況や借金の金額、返済、滞納の状況などを必要に応じて照会することができるようになっています。

 

金融機関が新規の顧客からカードローンなどの申し込みがあった場合に、情報機関へ紹介し滞納の状況、債務整理の履歴などが確認されればこの顧客は要注意、審査は却下などの結果に反映されるというわけです。

 

 

国内の3つの信用情報機関

 

 

以上が日本国内の信用情報機関ですが、この3社はそれぞれネットワークでつながっており、それぞれの情報を共有しているのです。ですから、どこか一箇所の信用情報機関に延滞、債務整理、自己破産などの事故情報が登録されれば、それは3社によって共有されることになります。

 

 

ブラックリストから名前を消すには

 

全く自分が知らないところで自分の個人情報がやり取りされているのは納得行かない、問題じゃないかと思われるかもしれませんが、ローン、クレジットなどを申し込む際、申込書、契約書などには必ず細かい文字で約款が印刷されていますよね。

 

そこには必ずあなたの個人情報の取扱について許諾する内容が書かれており、契約の際にはあなたの個人情報の取扱は御社におまかせしますとほぼ自分が知らないうちに契約させられてしまっているのです。あの細かい約款をいちいち読み込む人はほとんどいないと思いますが必ず書かれており、契約上仕方がないことなのです。

 

とにかく一度ブラックリストに登録されてしまえば借金の問題が解決し、さらに5年〜10年経過しなければ事故情報は抹消されません。大切なのは滞納などが続いていればその借金が解消してからさらに5年〜10年後でなければ住宅ローン、マイカーローンなどクレジット、ローンの利用ができなくなるということなのです。

 

ですから借金が返せない、返済できない、これ以上の借金を返していくのは苦しいのなら債務整理を具体的に考えるタイミングです。これ以上過大な借金を抱えて滞納を繰り返しながら細々と返済を続けていくのは決して得策ではありません

 

↓すぐに借金の悩みを相談【無料】

借金無料相談バナー

借金の時効が成立する条件とは?

 

借金逃れの日々

 

借金の時効は民法で規定されており、消費者金融の借入は5年で時効です。
時効が成立すると債務は消滅しますが、5年経過前に返済をしたりする時効の中断があると、そこで期間のカウントがリセットされます。
5年経過後に時効の援用をして債務は消滅です。

 

時効を成立させる条件

時効は単に借りてから5年経過するだけでは成立しません。
5年という期間は、原則として最後の返済日からカウントして5年間です。
つまり、5年間返済を全くしていないことが条件になります。

 

また、その間に訴訟を起こされれば、また5年間の時効カウントがスタートしてしまいますし、相手から督促されると半年は時効のカウントが止まります。
行方不明などで時効を迎えたとしても、時効の援用、つまり時効が成立したことの意思表示をしないと債務は消滅しません。

 

5年経過だけではない

5年経過すると消費者金融の借入は返済しなくていいと言われます。
しかし、5年経過するだけではなく、先ほど述べたように時効の援用という手続が必要です。
手続としては内容証明郵便を消費者金融に送るだけですが、これをしないと債務は消滅しません。

 

途中の道は険しい

ただ、消費者金融も5年間もの間、ずっと返済しない相手を放置しているわけではありません。
督促は当然しますし、返済見込がないと判断されたら、行方不明になる前に督促状を送ります。

 

通常はこのあと訴訟になりますから、時効が成立するようなケースはレアケースだと思われます。
返済が滞ってから、1年以内に決着がつくことが多いのです。

 

 

時効の中断

 

借金時効への道ははるか

 

また、時効には時効の中断という壁もあります。
これは、単に最後の返済から5年後に時効が到来するのではなく、その間に消費者金融が訴訟を起こしたら時効のカウントが再度始まります。
これには、訴訟だけではなく、消費者金融からの督促に応じて少額でも返済すると、やはり時効のカウントが再度始まってしまいます。

 

訴訟をされるとリセットされます

訴訟を提起されると、そこから時効のカウントが開始されます。
せっかく訴訟を起こしたのに、時効が来てしまったら裁判をする意味がないためです。
そのため、訴訟が始まるといったん時効のカウントをリセットします。

 

もちろん、そこから5年間の間に回収ができないと時効が成立します。
ただ、訴訟をすると消費者金融が勝訴し、すぐに預金や給料の差押をするので、回収されてしまうでしょう。

 

返済してもリセットされます

時効のカウントは最後の返済日からスタートすることが一般的です。
そのため、消費者金融からちょっとでいいから返済して欲しいと言われ、返済してしまうと、再度5年間のカウントがスタートします。

 

もっとも、千円程度の返済をして欲しいとそそのかし、時効の中断を主張した消費者金融の主張は裁判所も認めていません。
常識的な返済額でない限り、返済とは判断されないでしょう。

 

 

消費者金融は訴訟に持ち込みます

 

債務不履行で訴訟も

 

とはいえ、消費者金融は返済が滞り、信用情報機関に事故情報を登録する頃に督促状を送ります。
内容は一定期日までに返済するか連絡しないと訴えるというものです。

 

訴訟に持ち込まれたら、間違いなく消費者金融の勝訴です。
行方不明にならない限り、時効の問題が生じることはないと思った方がいいでしょう。

 

勝訴判決で差押実行

消費者金融が勝訴すると、同時に裁判所に対して差押の許可を求めます。
預金であれ、勤め先の給与であれ、容赦なく取り立てるでしょう。
そうしないと行方不明になってしまい、回収できないからです

 

預金の差押は生活を脅かされますし、給与の差押は生活が脅かされだけではなく、っと先の信用も失います。

 

5年も待ちません

このように消費者金融は5年も待つようなことはありません。
行方不明になっても、貸付金額が多ければあらゆる手を尽くして探し回ります。
それでも行方がつかめなければあきらめるしかないでしょうが、そのようなケースは多くないでしょう。

 

 

訴訟になる前に債務整理

 

債務整理でキレイに解決する道も

 

それより、督促状が届いたらすぐに対処しないと、自分の預金や給料を差し押さえられます。
それがどのような結果をもたらすかは先ほど述べた通りです。

 

もし、督促状が届いたら、すぐに行動を起こすことが大切です。
とはいえ、難しいことではありません。
債務整理を得意とする弁護士さんに債務整理を依頼するのです。

 

返済が滞るようなことになっているのですから、返済しきれない借金なのでしょう。
債務整理をして人生再出発することをお勧めします。

 

督促状が来たらすぐ相談

督促状は一種の赤信号です。
グズグズしている余裕はありません。

 

弁護士さんの敷居は高いと思われるかもしれませんが、ネットで探すとすぐに見つかることが多いです。
早めの対応が自分に襲い掛かる危機から自分自身を守ります。

 

弁護士さんの無料相談を活用しよう

債務整理を得意とする弁護士さんは、最初の相談料を無料にしていることが多いです。
支払ができる相手ではないことを知っているからでしょう。

 

債務整理後は普通の生活ができるペースになるでしょうから、分割払いで依頼費用を支払ってもらうことが多いのです。
支払についても心配はいりません。
まず、弁護士さんに相談することが最良の手段と言えるのではないでしょうか。

 

消費者金融の借入金は5年間で時効を迎えます。
しかし、ちょっと考えていただければわかるように、そんなに消費者金融が待つはずがありません。
返済が滞り続け、督促にも応じなければ訴訟と差押で貸金を回収します。

 

督促状が届いたら危険信号です。
すぐに弁護士さんに相談をして債務整理を開始することをお勧めします。

 

今すぐ匿名無料で利用できるメール相談

借金無料相談バナー

債務整理について

 

あらためて債務整理とは

 

債務整理と聞いて何を思い浮かべますか?
自己破産、多重債務、ブラックリスト、いくつかありそうですね。
でも、漠然とした言葉しか思い浮かばなかったり、不安を持ったりする人もいらっしゃるかもしれません。
ちょっと詳しく知りたいと思いませんか?

 

多重債務とはどういうこと

債務整理をする人の多くは多重債務者です。
では、多重債務とはどのような状態でしょうか。

 

文字どおり多重債務とは、複数の借入先からお金を借りている状態を言います。
しかし、そのような人は珍しくありません。
住宅ローンとカードローンを利用していたら「多重債務」でしょう。
また、クレジットカードのリボ払いも支払を繰り延べているという点では「債務」です。

 

債務の種類はいろいろとあります。
全く無借金で暮らしているという人でない限り、多重債務になっていない人の方が珍しいでしょう。

 

返せなくなったら黄信号

では、どんな場合に問題になるのでしょうか。

 

自分が借金返済に苦労するようになったら多重債務が問題になります。
これは、複数の借金だけでなく、自動車ローンだけしか借入がない人でも、返済が厳しくなったら注意が必要です。
必ずしも多重でなくても、返済が厳しくなったと思ったら危険信号だと考えるべきでしょう。

 

おおよその目安ですが、自分の手取り収入の半分以上を返済資金として支払うようになると黄信号だと言われています。

 

早く対応すれば問題なし

このような状態になったら、無理をせず、まず繰上返済ができないかを考えてみてください。
ボーナスを一度我慢して全額返済に充てるのも一つの方法でしょう。
不必要なモノを売却し、その資金で返済する人もいらっしゃいます。
何らかの方法で、自分の毎月の給料以外の収入をさがし、それで返済することで元本だけ減らすことができます。

 

それでも無理なら債務整理を考えるべきでしょう。

 

ブラックリストとはなに

では、よく耳にする「ブラックリスト」とは何でしょうか。
これは、信用情報機関に事故情報を登録されることを言います。
ただ、「リスト」という名称がついていますが、該当者の名簿が出来上がっているわけではありません。

 

登録の理由として、債務整理や長期間の延滞が挙げられます。
長期間というのは、3か月から半年程度のことを言いますが、一般的に借金返済が遅れ、保証会社に債務が移管されたタイミングで事故情報として登録されます。

 

金融機関から相手にされなくなります

このような事故情報が登録されると、クレジットカードやカードローンの申込をしても全く相手にされなくなります。
事故情報が登録された人は、金融機関にとって一番付き合いをしたくない人であり、審査の段階で無条件に落とされるのです。

 

携帯電話の料金を滞納していると、クレジットカードなどの審査に落ちるばかりか、更新もできなくなったという話を聞くことがあります。
これは、携帯電話の端末分割払代金も滞納になり、事故情報として登録されてしまったためです。

 

一定期間後に消えます

ただ、ブラックリストとして事故情報が登録されても、無期限に登録され続けるわけではありません。
情報によっては3年間で抹消されることもありますから、その間は待つことが大切です。

 

抹消される期間は信用情報機関のWEBなどで確認することができます。

 

債務整理の種類にはなにがあるの?

 

債務整理に向けて第一歩を

 

では、債務整理の種類には何があるのでしょうか。
債務整理の方法には大別して2つあります。

 

一つは法律に基づく「法的整理」です。
もう一つは法律に基づかず債務者と債権者が相談して債務整理をする任意整理です。

 

任意整理

法律に基づかず債務整理をする任意整理は、慣習のような形で決められている債務整理の方法です。
元本に手を付けず、元本だけを3年から5年間で返済させることで、金融機関側は貸倒をする必要がなくなります。
その代わり、元本返済後には利息を全て免除するのです。

 

カードローンなどの返済額は、そのほとんどが利息支払に消えており、元本はほぼ返済していないはずです。
ビックリするほどすんなりと借金が消えてしまいます。

 

法的整理

ただし、元本も返済できないほどの借金になると任意整理では手に負えません。
この場合、自己破産などの法的整理をすることになります。

 

法的整理は、法律に基づく債務整理なので強制力があります。
そのため、確実に債務を圧縮したり、棒引きにしたりすることが可能です。
その反面、官報に載ることで自分が法的整理による債務整理をしたという実績が永遠に残ってしまいます。

 

法的整理は、財産を全て没収して債権者に分配する自己破産だけではありません。
住宅ローンだけ残して他の借金だけ債務整理の対象にする個人再生の方法もあります。

 

勤務先や家族に秘密で債務整理はできる?

実際に債務整理をする際、一番気がかりなのは勤務先や家族に内緒にできるかどうかでしょう。
債務整理に追い込まれるような事態になったことは誰にも内緒にしたいものです。

 

しかし心配はいりません。
債務整理を弁護士さんなどに依頼すれば、手続を一切してくれます。
また、弁護士さんに委任することで金融機関などは、弁護士さんしか相手にすることはできず、取り立てなどもすべてストップするのです。
つまり、バレることはありません。

 

弁護士さんに依頼すれば可能

このように弁護士さんに債務整理を依頼すると、今まで不安だった取り立てなどがすべて止まります。

 

また、弁護士さんは依頼者との連絡をメールですることが多いです。
電話だと家族の方などに知られる可能性があるためです。
弁護士さんに債務整理を依頼すれば、誰にも内緒で実行できます。

 

スピーディーに終わります

餅屋は餅屋と言いますが、債務整理を得意とする弁護士さんなどに依頼すると非常にスピーディーに手続が進みます。
任意整理であれば、1か月程度で和解調書と言われる返済計画書が作成され、債務整理は終了するのです。

 

不安を持ちつつ弁護士さんに相談し、任意整理を依頼したところ、メールが来たと思ったら手続が終わっていたということも珍しくありません。

 

自己破産などは裁判所が書類作成を助けてくれますが、自己判断ですると後で思わぬリスクを負いかねません。
弁護士さんに依頼することを強くお勧めします。

 

債務整理に対して漠然とした不安を持っている人も少なくないでしょう。
ちょっと借金返済がきつくなってきたけどどうしようと思っていた人もいらっしゃるのではないでしょうか。
できれば、債務整理を依頼する前に解決したいですね。

 

でも、無理は禁物です。
自分の生活を犠牲にしてまで返済することはありません。
早めに対応することで、マイルドな任意整理で問題解決が可能です。

 

借金無料相談バナー

 

更新履歴