自己破産 費用 払えない

自己破産するにも費用がかかる

必要になる費用はいくら

自己破産はごく簡単に言うといっぱい借金をして返済できなくなってしまったときに、裁判所に申し出て借金返済を免除してもらうことです。

 

借金から解放されて返さなくてもよいのですからとてもありがたい自己破産なのですが、その手続きにもやはり費用がかかります。

 

最低限必要なのが裁判所に必ず納めなくてはならない予納金というお金と収入印紙代金、郵送料などが必須の費用。しかし、これらはすべてトータルしても3万円前後で収まる場合がほとんどです。

 

弁護士など専門家に依頼するとさらに

 

お金がないので自己破産する人にとって、この3万円ほどの費用も結構な金額ですよね。しかしさらに自己破産手続きを弁護士に依頼する場合は弁護士への報酬が必要になります。

 

自己破産の手続きを自分ですると、予納金の3万円ほどで済むのですが、手続きすべてを自分で行わなければなりません。必要な書類の作成、提出、裁判官と面会しての審問など時間と手間と知識が必要になります。

 

そういった手続きを代行してくれるのが弁護士・司法書士なのですが当然彼らに払う報酬は必要になります。しかし、その他手続き上起こりうるトラブルへの対処などを考えると弁護士、司法書士といった専門家に依頼するのがベストですし、費用を払ってもその価値があります。

 

料金はどこでも共通ではない

 

実は、弁護士の報酬額ですがそれぞれの弁護士によってかなりの幅があります。弁護士の料金は公的に決められているわけではありません。各自が自由に決めている料金であり、弁護士への報酬額は自己破産のばあい、合計でだいたい20〜40万円ほどとなっています。

 

この金額は依頼人の借金の件数や内容、資産の有無や資産額などの状況によっても変わります。また依頼人の借金に過払い金が発生している場合もありますから、そのときは当然戻ってきた過払い金を弁護士費用に充てることも可能になります。

 

お金がない自己破産者が費用を支払うのですから、各弁護士事務所ともに支払い方法には最大限配慮してくれますから弁護士に最初の相談したときにはっきりと聞いておくべきでしょう。必要な費用の総額とどうやって支払いをするか確認することを忘れないでください。

 

自己破産の費用や支払い方法に関してご不明な点があれば、気軽にできるメール相談が便利。
あなたの現状などから最適なアドバイスを得られます。
匿名で24時間利用できるのがいちばんのおすすめポイントです。

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール相談

どうして支払えるの?

返済に行き詰まり

 

多重債務に悩まされているとお金の余裕がありません。
自己破産を弁護士に依頼したいけど、20万円から40万円と言われる弁護士費用の支払ができないと思う人も少なくありません。
しかし、支払方法はあります。一度借金整理や手続きの相談をしてみませんか?

 

債務整理を得意とする弁護士は自己破産をどんどん手掛けています。
しかし、依頼する人は多重債務者で借金が多いはずです。どうして支払ができるのか不思議でしょう。

 

自己破産の手続を開始すると、弁護士は債権者である消費者金融などに自己破産を受託した旨の通知をします。
この通知を受けた消費者金融などは督促ができなくなりますし、弁済も受け入れてはいけなくなります。
つまり、返済が一時的にストップするのです。

 

難しくありません

 

このように一時的に返済がストップすれば、今まで返済していた資金を弁護士への支払に充てることが可能です。
自己破産はほぼ確実に免責を勝ち取ることができます。
つまり、申請した時点でほぼ確実に返済義務がなくなっているのです。

 

そのため、後で消費者金融などから追加で請求されることはありません。
安心して弁護士への支払をすることができます。
こうして、ほとんどの方は自己破産の手続中に弁護士への支払を始めることができるのです。

 

分割払いもOK

 

もし、資金的な都合で支払が完了しなくても、債務整理を専門とする弁護士の多くは分割払いをさせてくれます。
相手の懐具合は十分承知していますから、このような便宜を図ってくれるのです。

 

最初の相談料は無料

 

相談は無料 利用してみるべし

 

とはいえ、弁護士に相談するためには費用が必要です。
最低5千円程度は必要なことが多いでしょう。

 

ただ、債務整理の相談は相談料を無料としていることがほとんどです。
そうしなければ相談もできないことは当然でしょう。

 

懐具合は知っています

 

債務整理を専門とする弁護士は、相談者にお金の余裕がないことを知っています。
そのため相談の時点で相談料をもらうことができないことは十分承知しているのです。

 

債務整理を専門とする弁護士の多くは、自己破産だけではなく任意整理などの手続もしてくれます。
相談内容によっては自己破産の必要がない場合もあるのです。

 

そのような判断ができるのも弁護士だからではないでしょうか

 

無理なく自己破産を開始できます

 

最初の相談が無料であれば、無理なく相談ができます。
そして、先ほど述べた通り、弁護士が自己破産を受任したら借金返済はすべてストップします。
支払資金ができるわけです。

 

このようにして自己破産を考えている多重債務の人が無理なく弁護士費用を支払っているのです。
自己破産の手続は2か月から3か月程度かかります。
この間に弁護士費用を支払い切ってしまう人もいる程です。

 

ちなみに自己破産ではなく、任意整理でも同じように弁護士費用の支払ができます。
受任した旨の通知をすれば、借金返済が一時的にストップすること自己破産と同じです。

 

自分は待つだけ

 

自由を手に入れた気分

 

いったん弁護士に自己破産の手続を依頼すると自分は待つだけです。
毎月のように悩んでいた返済もストップします。
多重債務の返済に追われていた毎日が嘘のように思えるでしょう。
弁護士への支払が必要ですが、無理のない程度に支払をすれば、免責後の負担がより少なくなります。

 

連絡はメールだけ

 

債務整理をする弁護士は家族などに内緒で依頼していることが多いことを知っています。
スマホに連絡すれば他人が出ることはあり得ませんが、万全を期すためにメールで連絡することが多いです。
メールチェックは欠かせません。

 

弁護士は途中経過を報告してくれるので、依頼してから出頭日の連絡まで何もメールがないということはありません。

 

誰にもバレません

 

このように債務整理を得意としている弁護士は、プライバシーにかなり配慮してくれます。
そのため、誰にも内緒で自己破産をすることができます。

 

費用面でも心配なく、バレる心配もなく、自分の多重債務という大きな悩みを解消することができるのです。

 

借金返済の毎日が続くと将来の見通しも立たず、気が滅入ります。
しかし、これで人生再出発ができるのです。

 

悩む前にまず相談

 

プロに任せたい債務整理

 

多重債務で返しきれない借金は自分だけで解決できません。弁護士の助けを借りて債務整理をするしか方法がないのです。

 

先ほど述べた通り、相談料は無料ですし、自己破産の手続き費用も支払の目処が付くでしょう。
自分一人でどうしようかと悩む前に弁護士の無料相談を受けてみませんか?

 

弁護士は全国にいらっしゃいます

 

債務整理を得意とする弁護士は全国に存在します。
自己破産にかかる費用は40万円から50万円と弁護士によって多少差がありますが、地域性の問題です。

 

将来の生活設計も相談に乗ってくれる場合がありますから、相談してみる価値は十分にあります。

 

多重債務から解放されませんか?

 

このようにして債務整理を得意とする弁護士に自分の借金問題を相談し、そして適切な手段を提案してもらったら実行あるのみです。

 

費用の問題もクリアできたわけですから、債務整理をしない理由を探す方が難しいのではないでしょうか。
これで今までの悩みが嘘のように消えてしまいます。

 

弁護士に依頼して後悔することはないはずです。
「どうしてもって早く相談しなかったのだろうか」と後悔をするかもしれませんが…

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談
匿名・無料で手軽にできる無料減額診断。24時間いつでも受け付けていて自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。あなたの借金をどれだけ減らせるかを匿名・完全無料で診断できます。

●匿名・完全無料で診断できます

匿名無料メール相談

借金滞納のトップページへ戻る借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。