任意整理 デメリット 携帯

任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理すべき時か

 

債務整理の中でもいちばん件数が多いと言われる任意整理ですが、その理由は得られるメリットに対して、デメリットは比較的少ないためでもあります。

 

任意整理とは借金の残額を交渉によって減額し、債務者である私たちが無理なく返済できるようにするもの。自己破産のようにすべて棒引きにしてしまうよりも、お金を借りている私たちの後ろめたさもある程度軽減されるのではないでしょうか。

 

債務整理としてはいちばん「軽い」ものであり、借金の返済に行き詰まっている方によって、もっともたくさん行われてきた債務整理の方法です。

 

ただし、その際は引き換えとして信用情報機関に事故情報が登録されて、任意整理後5年ほどはクレジットカードを使ったりローンの利用はできなくなるデメリットがあります。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

 

デメリットと言えるものはそれくらいで、自己破産などのように一時的にですが職業や資格に制限がかけられたり、官報(国の広報紙)に破産者として掲載されたりなど、いわゆる周囲に知られる恐れがあるデメリットがないのが任意整理の特徴なのです。

 

あなたが任意整理した場合、どんなデメリットが気になりますか?

専門家にあなたのケースはどんな解決法があるのか相談することができます。

 

借金無料相談バナー

 

 

任意整理のデメリットとは 携帯の支払いはどうなる?

 

携帯料金の支払いも不便に

 

メリットが多いと言われる任意整理も信用情報機関に事故情報が登録されるデメリットがあります。そのため、携帯電話の通話代をクレジットカードで支払い続けることができなくなるでしょう。

 

その他にもローンの利用など任意整理後の生活など不都合があるのではないかなど不安な点は任意整理を依頼する時、弁護士など専門家に相談しておくべき。

 

ただ、携帯料金の支払いなどでクレジットカードの利用が欠かせない、と考えている方にはそれに代わる方法があるので、このあとでご紹介しておきます。

 

 

信用情報機関の壁

 

ネット決済でカードが必要

 

任意整理をすると対象となった消費者金融や信販会社は事故情報の登録をします。
事故情報があると、新規にクレジットカードを作ることはできませんし、カードローンの申込は絶対無理です。

 

任意整理の唯一のデメリットと言われるものですが、最近はクレジットカード決済が前提となっているインターネットのサービス等もあり、不安に感じている方が多いのも事実です。

 

ブラックリストって何?

 

ただ、ブラックリストとはいえ、別に自分の名前がどこかにリストアップされて晒し者になるわけではありません。
信用情報機関の自分の情報に任意整理をした旨が登録されるのです。

 

このことをブラックリストと言いますが、任意整理だけではなく、何か月か返済が滞り、債務が保証会社に移管されたような場合もブラックリストに該当します。

 

でも5年で消えます

 

ただ、一般的にブラックリストは5年間で消えると言われます。
クレジットカードなどを解約しても自分の情報は同時に消えませんが、永遠に残るわけではなく、5年経つと自動消滅するのです。

 

つまり、事故情報が載るとともに解約すれば、5年後に事故情報も自動的に消えます。

 

 

クレジットカードは使えません

 

クレジット契約はできない

 

とはいえ、最低5年間はクレジットカード、ローンの利用ができなくなりますし、任意整理の対象とならないクレジットカードも更新ができなくなります。

 

更新の際には信販会社は必ず信用情報を再照会します。
下手をすると関係のない信販会社などに事故情報があったことがバレます。

 

そのため、対象外の信販会社などにこのことを知られないため、クレジットカードなどはすべて解約するのです。

 

振込で対応できます

 

では、携帯電話などの支払はどうすればいいのでしょうか。
クレジットカードでしか支払ができない場合も少なくないと言われています。

 

ただ、実は振込でも携帯の支払はできるのです。
毎月コンビニで払込票を使って支払うのは面倒ですが、携帯なしの生活をすることは現実的ではありません。

 

任意整理で生じる一つのデメリットなのです。ただ、対応策としてデビットカードの利用が挙げられます。

 

格安スマホはデビットカードで支払できます

 

では、デビットカードで携帯料金を支払えるのでしょうか。
クレジットカード同様にVISAなどのマークがついていますから代用できることが多くなりました。
ただ、口座からの引落日が携帯キャリアによってバラバラなので、口座残高不足で問題になりかねず注意が必要です。

 

最近はやりの格安スマホもデビットカードの支払が可能です。大手携帯キャリアを利用していた人も節約の観点から見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

任意整理のデメリットは怖くない

 

クレジットカードからデビットカードへ

 

このように携帯電話の支払もクレジットカードからデビットカードに変えるだけで済みます。
任意整理で最大のデメリットとして信用情報の問題が挙げられますが、デビットカードで支払ができることが結構多いです。
ガソリンスタンドのようにデビットカードの支払ができないケースもありますが、その場合は現金支払をすればいいのです。

 

デメリットは最低限にできる

 

このようにデビットカードや現金支払に自分の生活を変えることで任意整理のデメリットを最低限にとどめることが可能です。
とかくデメリットが強調される任意整理ですが、借金問題を解決する方が優先でしょう。

 

ちなみにスマホの新機種を購入する際も大手量販店ならデビットカードで支払ができます。
任意整理の相談で一度確認してみることをお勧めします。

 

5年後に最出発

 

先ほど述べた通り、信用情報機関のブラックリストは5年間で消えます。
5年後には信用情報もきれいになって再出発できるでしょう。

 

ただ、過去の実績が全くないため、相当審査の緩い信販会社しかクレジットカードの申込はできないでしょう。
もっとも、申し込んだクレジットカードで期日通りの支払を続けることで再度信用を作り上げることができます。

 

 

借金問題はこれで解決

 

依頼人と弁護士が握手

 

多重債務で悩まされる人は、借金返済のことが気になりすぎて精神的に不調になることも少なくありません。
そんな大問題をいつまででも放置してはいけないでしょう。

 

債務整理を得意とする弁護士さんは無料相談をしています。

 

債務整理がベストの手段

 

借金問題を解決する方法としておまとめローンを挙げる人も多いようです。
ただ、金利が下がらないので返済相手が一本化されるだけで借金地獄が解決するわけではありません。

 

それより債務整理を決断すれば、確実に返済額を減らしますから、賢明な選択と言えます。

 

任意整理が一番多い手段

 

青空のように気持ちが晴れた

 

債務整理も任意整理だけではなく、債務をチャラにする自己破産もあります。

 

しかし、官報に載る自己破産を将来がある若い人にはお勧めしない弁護士さんが多いです。

 

自己破産は最後の手段であり、もっと負担の少ない任意整理をお勧めする場合が一番多いでしょう。

 

 

任意整理で一番問題だと言われるのが信用情報機関への登録です。

 

任意整理のような債務整理をすると事故情報として登録され、俗に言われるブラックリストの状態になります。

 

ただ、最近はデビットカードが普及しているため、クレジットカードが使えなくても生活に与える支障は少ないです。

 

 

それより、目の前にある多重債務や借金地獄を解決する方が優先ではないでしょうか。

 

悩んだり、不安に思ったりする前に弁護士さんへの相談をお勧めします。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にできる 

借金無料相談バナー

借金滞納のトップページへ戻る借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。