任意整理 流れ 期間

任意整理が選ばれている理由

任意整理で計画的な返済も

 

任意整理はいくつかの債務整理の中では最も選ばれている方法です。比較的簡易な手続きで複数の債権者(借入先の金融機関など)の借金の残高を減額できます。そして月々の返済額を改めて返済しやすい金額に設定できるのが最大のメリットになります。

 

また、任意整理と同時並行でたくさんの借入先への過払い金請求をすべて弁護士、司法書士に依頼できる点などもメリットと言えます。しかし、何よりうれしいのが、任意整理を開始するまでひっきりなしに来ていた返済の督促などがピタッと止まること。

 

連日のように昼夜を問わず鳴っていた貸金業者からの請求の電話が全く来なくなるのは、本当にありがたいこと。ビクビク過ごしていた毎日が嘘のように平穏な気持ちで生活できることは精神的には地獄から脱出できた感じがする、というのは言いすぎでしょうか?

 

弁護士、司法書士がわたしたち依頼人から債務整理を引き受けたことを消費者金融などの業者に通知すると、貸金業者の交渉相手は代理人である弁護士、司法書士へと移ります。そして、わたしたち借り主には一切接触できなくなるからであり、このことは法律で定められていることなんですね。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にできる 

借金無料相談バナー

流れと期間とメリット

法律事務所にて

 

債務整理の中で一番負担が少ないと言われる任意整理は処理もスピーディーです。
手慣れた弁護士さんが債権者と交渉し、スムーズな流れで借金返済の方法を決めてくれます。
少しでも早く法律事務所の無料相談を受けることがお勧めです。

 

まず無料相談から

債務整理の入り口は弁護士さんへの相談です。
債務整理を得意とする弁護士さんは相手の懐具合を知っていますから、相談料を無料としています。
通常、弁護士さんへの相談料は1時間5千円程度ですが、債務整理の相談だけは無料のことがほとんどなのです。

 

無理は禁物

このように無料相談ができますから、多重債務に悩まされていたら無理をせずにすぐ相談をすることをお勧めします。
債務整理を得意とする弁護士さんは全国にいらっしゃいますから、自分の住んでいる場所などにもいらっしゃるはずです。

 

早めの相談が吉

債務整理の相談の際には自分が背負っている借金を全て説明する必要があります。
また、毎月の返済能力を判断するため給料明細や預金通帳を持って行く必要がありますが、クレジットカードの利用明細があると更にいいでしょう。

 

無料相談を申し込む際に弁護士さんか法律事務所のスタッフの方が必要とする書類などの説明をしてくれます。
それらの準備をすれば債務整理の診断がスムーズにできるでしょう。

 

費用の心配はいりません

 

コツコツ積み立てていく費用

 

ただ、相談は無料でも実際に依頼すると依頼費用が必要です。
弁護士さんに支払うお金などないとあきらめている人も多いようですが、ちょっと待ってください。

 

多重債務で悩んでいる人の多くは、あなたのようにお金がないと困っている人です。
しかし、そのような人が弁護士さんに依頼費用を支払っているのです。

 

すぐに返済ストップ

任意整理などの債務整理をスタートし、弁護士さんが消費者金融や信販会社に債務整理を受託したと連絡をすると、返済がストップします。

 

これは、債務金額を確定させるためであり、依頼を受けた消費者金融や信販会社は督促などの接触を一切禁止されます。
もちろん自分も返済自体を禁止されるのです。
DVDなどの一時停止ボタンを押したようなものと考えればいいのではないでしょうか。

 

返済額を弁護士報酬に

ちょっと不思議な感じがしますが、この仕組みを利用すれば弁護士さんへの依頼費用の支払は難しくありません。
今まで返済資金としていたお金を弁護士さんへの依頼費用に充てればいいのです。

 

任意整理は開始してから2〜3か月程度で終わってしまう事も珍しくなく、支払がストップする期間は非常に短いです。
そのため、弁護士さんへの依頼費用を全額支払うことは難しいかもしれません。

 

ただ、任意整理をすると毎月の返済額が半額程度になることも少なくありません。
依頼費用の支払は分割払いもOKのケースが多く、支払は案外難しくないのです。

 

完全にお任せ

 

任意整理の手続きとその流れ

 

任意整理を弁護士さんに依頼すると、弁護士さんの依頼通りに書類を準備し、後は待つだけです。
何もすることはありません。
先ほど述べた通り、自分で何かしてはいけないのです。

 

本当に大丈夫かなと思うかもしれません。
しかし、心配無用です。
自分が待っている間に弁護士さんが消費者金融などと交渉して有利な支払方法に契約を変えてくれます。

 

自分は待つだけ

待っているのもドキドキするかもしれませんが、自分で消費者金融などと交渉できるはずがないので、このような事はプロに任せた方が賢明です。
下手に自分が任意整理の交渉をしようとしても、消費者金融などは全く相手にしてくれません。

 

応対してくれたとしてもおまとめローンを勧められるくらいでしょう。
金利はほとんど変わらず意味がありません。

 

督促も連絡もストップします

先ほど述べた通り、任意整理がスタートすると消費者金融などは、督促は当然のこと、直接連絡をすることも禁止されます。
全ての手続は弁護士さんを経由するため、今まで督促の電話などにおびえていた人はびっくりするでしょう。

 

任意整理を開始することでこのようなことが起きるのです。

 

2か月〜3か月で終了

 

開放されて借金地獄脱出の気分

 

任意整理の流れと言っても、自分は何もせずに手続が進んでいくのですが、依頼してから2か月〜3か月程度経つと手続が終わります。

 

弁護士さんからメールで連絡が来て、和解調書を作成し、返済契約が変わったことを知らされます。
殆どの場合、元本を3年から5年間で返済することを条件に利息支払が免除されます。

 

和解調書を作成して終了

ちょっと信じられないかもしれません。
しかし、利息支払額がなくなり、元本だけの返済を3年間ですることになりますから、毎月の返済額は激減します。
今まで完済などということを考えたこともなかった人も多いでしょうが、現実のものとなる日が近づいてくるのです。

 

スケジュール通り返済しましょう

ただ、和解調書の内容はスケジュール通り元本返済をすることが条件です。
万が一返済ができなくなってしまうと、残額を一括返済されるデメリットがあります。
多くの場合、和解調書で裁判などの手続きなしに給料や預金の差押ができることになっています。
この点だけは注意が必要でしょう。

 

任意整理は2〜3か月程度で終わることが多いです。
債務整理を得意とする弁護士さんの交渉力で消費者金融なども和解に応じてくれます。
和解後はクレジットカードなどの利用ができませんが、デビットカードで生活に及ぶ支障は最低限です。
これで悩みの種となっていた多重債務から脱出し、新生活をスタートできます。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にできる 

借金無料相談バナー