借金 一本化 デメリット

借入金の金利はどう決まる?

 

借りたお金の金利は大きい

 

借入金の金利はどのようにして決まるのでしょうか。信用でしょうか。確かに信用力も必要ですが、信用力に裏打ちされた借入金額にも連動します。

 

銀行系カードローンの金利表を見たことがある人は、限度額が高くなるほど金利が下がることをご存知でしょう。借入額が大きければ、金利は下がるのです。

 

その仕組みを応用したローンの一つにおまとめローンがあります。

 

元本が多ければ金利が下がる

つまり、元本が大きければ金利は下がる傾向にあります。そのため、いくつもの小型ローンを借りている人は平均金利が高くなる傾向になるのです。

 

これを一本化すれば、借入額が大きくなるので自動的に金利は下がるかもしれません。うまく利用すれば毎月の返済額を下げて短期間で完済することも夢ではないでしょう。

 

しかし前提条件がある

ただ、世の中そこまで甘くありません。最近は銀行系カードローンも融資審査を厳しくしています。一本化するためには、一時的であれ今までのローン残高を残した状態で新しく融資枠保設定することになるのです。

 

つまり、信用力が相当ないと、このようなローンは成立しにくいのです。

 

多重債務者相手のローン

 

借金をまとめる契約をすべきか

 

しかも、一本化しようとする申込者は、申込の段階ではいくつかのローンを持っている多重債務者です。銀行に限らず、金融機関は多重債務者を敬遠します。

 

金銭感覚がなく、結果として多重債務になってしまった人が多いことを経験上知っているからです。ただ、住宅ローンよりはるかに高い金利が期待できるおまとめローンは、個人営業にとっては期待の星です。

 

多重債務者は警戒されている

金融機関が多重債務者を警戒しているのは先ほど述べた通りです。では、どのようにして審査をして融資可否を決めるのでしょうか。最近は総量規制がある消費者杞金融もおまとめローンを販売しています。

 

ただ、総量規制の枠を超える融資になることがほとんどなので、貸金業法の特例を使い、毎月返済一辺倒のフリーローン形式です。そのため、貸倒リスクを低く判定できるため、審査を通しやすくなっています。

 

金利が下がらないことも

ただ、信用力がない人は融資金額が上がっても、貸倒リスクが高いので金利を下げることができません。高リスクの判定をされてしまうと審査にも通らないでしょう。

 

結局、一本化したのに金利が下がっていない場合も少なくありません。

 

一本化のメリット

 

借金をこのくらいに圧縮できます

 

とはいえ、借金を一本化することには大きなメリットがあります。信用力の程度によって結果が変わりますが、金利が下がる可能性がありますし、返済期間を短くしても完済できるかもしれません。

 

また、金利が下がらないとしても借金の一本化は気楽になります。一つの金融機関だけに対して返済するのであれば、ちょっと資金に余裕ができた際の繰上返済も気軽にできるでしょう。

 

金利が下がる可能性がある

金利が下がるかどうかは実際に申込をして審査が終わらないとわかりません。ただ、おまとめローンの多くはカードローンではなく、追加借入ができないフリーローン形式です。

 

そのため、貸し出す金融機関は貸倒リスクを低く見積もることができ、金利が下がる可能性は十分あるのです。

 

一度の支払で済む気楽さ

多重債務者が支払をきついと感じるのは、単に複数の返済を毎月しているからそう思っているだけの事も少なくありません。要するに「気分の問題」です。

 

借金の一本化は、少なくともそんな「気分の問題」をクリアにし、完済までの道筋を明確にするメリットがあります。

 

一本化のデメリット

 

逆に損をするかもしれない

 

ただ、借金の一本化はメリットだけではありません。いくら気楽になっても、実際の返済額が減らなければ意味がありませんし、完済までの期間が長いことがわかってしまうと気が滅入ってしまう可能性もあるでしょう。

 

返済額はあまり減らない

実は、おまとめローンで金利を下げる人は少なくありません。金融機関によってはキャンペーンをしている事もあり、金利も下落基調にあるのです。

 

ただ、金利の下げ幅はあまり大きくなく、実際に毎月の返済額がどれだけ減ったか冷静に計算してみると、あまり大きくないことがわかります。

 

言われるほど効果がないと感想をつぶやく人も少なくありません。

 

追加の借入ができなくなる

先ほどおまとめローンは追加借入ができないフリーローンだと述べましたが、これはカードローンに慣れている人にとってハシゴを外されたような結果になることがあります。

 

つまり、お金が足りなくなっても調達する手段がなくなるのです。そのため、資金繰りに窮してクレジットカード現金化やヤミ金に手を出してしまうことになります。
これらの行動がどんな結果になるかはご存知でしょう。

 

一見メリットの多いおまとめローンも、実際にシミュレーションをしてみると、返済額はあまり減りません。また、貸金業法の総量規制枠を使い切るため追加の借入ができなくなります。

 

貯金をすれば済む話ですが、それができたら多重債務者にはなっていないでしょう。それより、任意整理などの債務整理をして、元本だけの返済にした方がメリットはあるかもしれません。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール相談

 

借金滞納のトップページへ戻る借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。