借金が返せない!返済できるあてもないときは

重い借金に押しつぶされていませんか

 

  • 借金が返せない金額になりどうしようもなくなっている
  • 今の収入では今後も返済を続けていくことは不可能
  • 返済するために、また借金を重ねて返済に充てている
  • もうお手上げの状態で借金返済をあきらめ放置している

 

もし、現在このような状況になっていたとしても解決する方法はあります。

 

当サイトでは借金が返せない状況に陥り、どうしようもなくなっているあなたに返済が可能になる方法借金問題の解決法を紹介します。

 

 

借金が返せない額になりどうしようもない

 

借金を返せないとどうなるのか?あなたがお金を借りている金融業者によって対応に違いがありますが、ひとつ共通しているのは、返せないまま放置していると状況は悪くなっていくばかりだということです。

 

一箇所だけでなく何箇所もの借入先から請求が来ているのではありませんか?放置して置くと滞納により毎日、日割りで遅延損害金、いわゆる延滞金が積み重なっていきます。

 

返済が追いつかなくなり返済分を他のカードローンやキャッシングを使って借金をし、それを返済に充てている多重債務自転車操業の状態なら行き詰まるのは時間の問題です。

 

特に返済の滞納が続いている場合であれば急がなければなりません。金融業者から残りの借金の全額に対して一括返済請求がくる可能性が高まります。そのあとは法的な手続きをとるのが一般的です。

 

裁判所への債務不履行の訴え、さらに強制執行、つまりあなたの給料や資産の差し押さえという事態になることもありますから要注意です。

 

返せない、この先も返せる見込みがなければ急いで対策を

 

現状のままでは借金をこれ以上返せない、返済を続けていくのが苦しい、この先、楽になる見込みがないのであれば、解決を急ぎましょう

 

借金が返せないままで、度重なる金融業者からの督促や請求に怯え、精神的に追い詰められているのなら専門家に相談して最適な解決法を提案してもらうことが一番早く楽になることができる方法です。

 

ただ、大切なことは借金の総額、あなたの収入などの条件によりベストな対策は異なってくる、ということです。

 

経験豊富な専門家である弁護士、司法書士のアドバイスは必須ですが、いきなり訪問するのは気が引けますよね。

 

そんな時に最適な24時間いつでも匿名無料で借金問題を相談できるネットのサービスが評判です。手軽に利用でき最適な解決方法を経験豊富な専門家からアドバイスしてもらうことができます。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

借金が返せないjpxyz

返済の督促に終わりのない悩み

 

借金が返せない額になってしまった経験からすると、毎日毎日返済、つまりお金のことばかり考えるようになってしまいます。

 

お金のことが頭から離れなくなり、さらにはちゃんと返せていない罪悪感や無力感で投げやりな気持ちになり生活が荒れてきます。

 

返せない借金をそのまま放置しておいても、当然ですが解決に近づいているわけはありません。状況は余計に悪くなっていくばかりです。

 

時間の経過とともに損失も積み重なる

 

借金返済に悩んでいることなんて絶対に人には言えませんよね。自分の現状は恥ずかしくてとても相談できないというのが普通だと思います。

 

しかし、同じような悩みを持っている人は案外に多いもの。お金に関する悩みはいつの時代も多くの人にとって共通の悩みです。

 

以下に紹介している通り、働いている世代の3〜4割「お金の悩み」を抱えて生きています。

 

3割以上の人はお金で悩んでいる

 

待ち行くあの人も借金の悩みを

 

ちょっと古い統計ですが平成22年厚労省が調査した結果によりますと、収入・家計・借金といったお金関係の悩みを抱えている人は、20代から50代までの3割から4割を占めています。

 

半分とはいえませんが結構多い数字ですよね。また、最近の収入や消費の伸び悩んでいる状況から察すると、この数字、現状では増えている可能性が高いと感じています。

 

自分だけがたったひとりで借金で悩み苦しんでいるわけではない。身近な人も実は借金で困っているのかも知れません。

 

今までも借金で悩んできた人がたくさん存在していたのは間違いありません。

 

いままでもたくさんいた「借金返済に行き詰まった人」はどうやってその問題を解決したのでしょうか。

 

借金が返せなくなった時の具体的な対策は

 

債務整理で新しい生活のスタート

 

  • 「もう借金が返せない、この先も収入が増えて返せるようになる見込みはない」
  • 「すでに月々の返済を滞納していて、貸金業者からの督促の連絡が止まらない」
  • 「複数の金融機関から借金をしていて、返済のために別の貸金業者から借りたお金を返済に充てている」

このような状況に陥った時の対策として選べる方法は多くありません。

 

いちばん早く確実に、そして誰でもできる解決方法が債務整理です。

 

しかし、借金を完済できる価値がある資産を持っているとか、借金を肩代わりしてくれる頼りになる人がいるのであれば話は別です。

 

現実にそんな恵まれた人はほんの一握りですよね。もっともその人は借金返済で悩むことなど無いのかも知れません。

債務整理の種類にはなにがあるの?

 

債務整理の方向性を定める

 

債務整理と聞いて自己破産、多重債務、ブラックリスト、など連想することはいくつかあると思います。

 

でも、それらの漠然とした言葉しか思い浮かばなかったり、それぞれのメリットやデメリットとしてどんなペナルティーがあるのか不安を持ったりする人も多いと思います。

 

事前にできるだけ不安を解消して解決への一歩を踏み出しましょう。

 

債務整理に向けて第一歩を

 

では、債務整理の種類には何があるのでしょうか。債務整理の方法には大きく分けて2つあります。

 

一つは法律に基づかず債務者と債権者が相談して債務整理をする「任意整理」。もう一つは法律に基づく「法的整理」です。

 

任意整理

法律に基づかず債務整理をする任意整理は、慣習のような形で決められている債務整理の方法です。

 

残っている元本だけを3年から5年間で返済させることで、金融機関側は貸倒をする必要がなくなります。その代わり、元本返済後には利息を全て免除するのです。

 

つまり、元本だけを返して、元本にかかるはずだった利息はカットする方法です。

 

これは借金の額が比較的少ない場合に取られる方法ですが、あくまでも業者との交渉になるので期待した結果にならない場合もあります。

 

法的整理

 

元本も返済できない、今後返済を続けていけないほどの借金になると任意整理では解決できません。

 

この場合、自己破産、個人再生といった法的整理をすることになります。

 

法的整理は、法律に基づく債務整理なので強制力があります。そのため、確実に債務を圧縮したり、棒引きにしたりすることが可能です。

 

その反面、官報に載ることで自分が法的整理による債務整理をしたという事実がごく一部に対してですが公表されるリスクもあります。

 

勤務先や家族に秘密で債務整理はできる?

 

実際に債務整理をする際、一番気がかりなのは勤務先や家族に内緒にできるか、迷惑をかけたりしないかどうかでしょう。

 

債務整理に追い込まれるような事態になったことは誰にも内緒にしたいものです。

 

債務整理を弁護士、司法書士など専門家に依頼すれば、手続の一切を代行してくれますから心配はいりません。

 

また、弁護士に委任することで金融機関、貸金業者などは、申し立てた弁護士しか相手にすることはできず、取り立てなどもすべてストップするので外部に知られる可能性はありません。

 

思いのほかスピーディーに終わります

 

餅屋は餅屋と言いますが、債務整理を得意とする弁護士などに依頼すると非常にスピーディーに苦労することなく手続が進みます。

 

任意整理であれば、1か月程度で和解調書と言われる返済計画書が作成され、手続自体は終了することもあります。

 

不安を持ちつつ弁護士に相談し、任意整理を依頼したところ、メールが来たと思ったら手続が終わっていたということも珍しくありません。

 

また、弁護士、司法書士に債務整理を依頼することで、いままでに過払い金が発生していないか必ずチェックしてくれるのもメリットです。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

借金が返せないjpxyz

借金の時効が成立する条件とは?