家族が不利益をこうむることはない?

この子への影響が心配

 

自己破産した際の家族にデメリットが及ぶ可能性ですが、あなたが世帯主だとしても家族に直接的な影響を与えるということはありません

 

たとえば子どもたちの就職や入学にあなたの自己破産が影響することはありません。

 

さらに家族がローンやクレジットを使うにしても、自己破産したあなたの名義でなければ何の問題もなく利用することができます。

 

あなたの自己破産によってあなた以外の家族名義のクレジットカード利用、ローンの利用などに影響を与えることはありません。

 

ただし、自己破産するあなたが主契約者であるクレジットカードの「家族カード」は利用できなくなります

 

家族にデメリットがあるケースとは

ただ、持ち家や車などの財産を処分するのが自己破産のルールですから、もし手放すことになれば、我が家やマイカーが無くなってしまいます。その点で間接的な影響を受ける可能性があります。

 

また、もし家族があなたの借金の保証人になっていたとしたら面倒なことになります。必然的に自己破産をしたあなたの代わりに保証人である家族へ請求が行くことになるからです。

もし世帯主の借金の保証人に妻がなっていた場合でも、世帯主が自己破産しても妻の保証人としての責任がなくなるわけではありません。

世帯主に請求するべき借金返済の督促がすべて妻に行ってしまいます。こうなった時には保証人も一緒に自己破産するか、あるいは自己破産以外の借金解決法を選ぶかを考えなければいけません。

 

家族への影響が考えられるこのような場合も、対応策はケースバイケースになりますから、代理人となる弁護士などに相談しながら解決を目指していきます。

 

たとえば持ち家や車を手放すことになるのかの判断、自己破産以外の手段で債務整理をできないか、など、それぞれのケースで対応は違ってきます。

 

なるべくあなたやご家族への影響が最小になるように方法を探っていきますから、弁護士、司法書士のアドバイスには耳を傾ける価値があるでしょう。

あくまでも自分の自己破産

自己破産によって借金から開放はされるが

 

自己破産をすると自分はともかく家族に影響があるのかと心配されるようです。

 

自分の借金は遺産の相続などのケースを除き、子供などに影響は及ばないものです。

 

なので自分の借金を整理するについてもデメリットを被るのは自分だけであり、周囲にまで及ぶことはないのです。

 

保証人がいなければ自分だけの問題

 

消費者金融でお金を借りた際に契約を結びますが、保証人を求められることはほとんどないはずです。

 

銀行系カードローンの場合は、保証会社が審査をしています。いずれの場合も、貸倒の責任は消費者金融や保証会社が負うのです。

 

自己破産をすると自分は返済義務が免除されるため、消費者金融や保証会社は他に請求することができません。

 

ただ、繰り返しますが家族が保証人になった場合は例外となります。この場合、自分が自己破産をすると消費者金融などは家族に返済を求めるでしょう。

 

もちろん、家族以外の親類や知人に保証人を頼んでいた場合も同様で、あなたの自己破産によって保証人が債務を負うことになるのは変わりありません。

 

この場合、弁護士に相談をして指示を受けることになりますが、保証人になった人の全てが自己破産の申請をすることが多いようです。

 

借金返せないのTOPページへ戻る

借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。