任意整理後は門前払い

クレジットカードは使えるのか?

 

任意整理をするとクレジットカードもカードローンも申込ができません。してもいいのですが、審査には通りません。なぜなら、任意整理をすることで事故情報という情報が登録されるからです。

 

一般的に「ブラックリスト」と呼ばれる事故情報の登録があると、クレジットカードの審査には間違いなく通りません。つまり門前払いなのです。

 

実際には任意整理を事故情報として登録しているのは消費者金融系のJICCと言われる信用情報機関だけです。

 

しかし、クレジットカードを発行している信販会社は、キャッングサービスをしている関係上JICCに必ず加盟しています。

 

そのため任意整理をするとクレジットカードの審査には通らないのです。

 

ブラックリスト登録期間は無理

 

任意整理をするとJICCでは5年間事故情報を登録します。ただ、事故情報の保管期限をどう決めるのかはJICCの判断です。

 

5年経ったからと安心するのは早すぎます。必ずJICCに照会をして、自分の事故情報が消えていることを確認することが大切です。照会手続は難しくありません。

 

下手に申込をしない方がいい理由

 

でも、ひょっとしたら審査が甘い信販会社なら・・・と思われるかもしれません。しかし、絶対無理だと思うべきです。また、下手に申込をしたばかりに将来不利になることもあります。

 

信用情報を照会し、もし事故情報があるとその情報は社内で蓄積されます。審査に落とされたからと、そのデータがすべて破棄されるわけではありません。将来再度申込をした際に、そのデータもチェックされる可能性があります。

 

任意整理後、事故情報が完全に消えるまではクレジットカードの申込をしてはいけません。

任意整理後に使える可能性

それでも使えるクレジットカードはあるの?

 

ただ、任意整理の対象としない休眠カードが任意整理後も使うことができる場合があります。どうしてでしょうか。

 

クレジットカードの申込をすると審査があり、信用情報機関に照会されます。しかし、一度照会したら次回の更新まで再度照会されることはありません。

 

もちろん更新の際に照会すれば事故情報が把握されるので更新することはほぼ無理なのですがそれまでは使うことができるのです。

 

ただ、先ほど述べたように事故情報があることがバレると社内に情報が蓄積されます。将来的にそれが不利なことは当然です。

 

任意整理をする際、弁護士からクレジットカードはすべて解約するようにと言われるはずですが、こんな理由があるからです。

 

任意整理をした信販会社のカードは無理

 

なお、任意整理の対象としないクレジットカードであっても、整理対象の信販会社が発行したクレジットカードはすぐに使えなくなります。情報を一括して管理しているからです。

 

任意整理後、休眠カードまで「使えなくなりました」と通知が来ることがあります。こんなことが理由です。

とはいえクレジットカードがどうしても必要な場合は

こんなカードも利用できます

 

ただ、クレジットカードがないと日常生活に不便なことは間違いありません。どうすれば良いのでしょうか。

 

1つの方法として家族カードがあります。クレジットカードの審査は案外緩いので、スーパーなどで宣伝している「ハウスカード」であればちょっと収入があれば入会できます。

 

そのカードの家族会員となれば今まで通りクレジットカードを使うことが可能です。利用限度額は少なくなりますが、携帯電話代などの支払程度であれば問題なくできるのではないでしょうか。

 

クレジットカードに頼らない生活

 

任意整理をしたことを機にクレジットカードに頼らない生活をすることも大切です。

 

クレジットカード支払をしないと面倒になってしまう携帯電話の通話料などがあるものの、銀行口座からの引き落としなどで対応できます。

 

日常生活の買い物は現金支払を心がけることが必要でしょう。ただ、急速にキャッシュレス化が進んでいる現状などがあり、現金では還元などの恩恵を受けられないことも。

 

そんなとき、汎用性の高い交通系ICカードやセブンイレブンのナナコカード、イオンのWAONカードなど、現金をチャージして使うプリペイドカードによる支払いでクリアできる場面も多いのです。

 

クレジットカードと紐づいていない、プリペイド方式のカードについてはまだ各種ありますから、あなたのよく利用する店舗で対応しているものなど、使いやすいものを探してみるのが良いでしょう。

デビットカードという選択

クレジットカードの代わりになります

 

どうしてもクレジットカードが必要だという人におすすめしたいのがデビットカードです。Amazon、楽天などほとんどのネット通販でクレジットカード同様に利用できます。

 

携帯電話料金の自動支払い、ガソリンスタンドなどで使えなかったりする不便さはありますが、たいていのカード加盟店で問題なく使えます。

 

使い勝手はクレジットカードと同じ

 

使い勝手はクレジットカードと同じです。カードにVISAやMASTERといったマークが入っていることからわかるように、支払手段としては問題なく使えます。一見しただけではだれもデビットカードだと気が付かないでしょう。

 

デビットカードの支払は登録した預金口座から直接引き落としされます。支払い回数は1回のみでその場で引き落としされるため、実際には現金支払と同じです。

 

クレジットカードとはレジで暗証番号を自分で入力する点が違いです。また、必ず銀行預金口座と紐づいていますから口座に残っている金額が利用限度額になります。

 

最近はポイントが付くデビットカートが増えてきたので「お得感」もクレジットカード並です。繰り返しになりますが注意すべき点はクレジット機能はないので、一括払いのみ、口座残高が利用限度額ということです。

 

キャッシュレス決済が必要になる場面が今後増えてくることが予想されますから、任意整理後には1枚は持っていたい便利なカードです。

借金返せないのTOPページへ戻る

借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。