任意整理のデメリットとメリット

 

携帯電話料金の支払いが心配

債務整理の中でもいちばん件数が多いと言われる任意整理ですが、その理由は得られるメリットに対して、デメリットは比較的少ないためでもあります。

 

任意整理とは借金の残額を交渉によって減額し、債務者である私たちが無理なく返済できるようにするもの。

債務整理としては比較的少額の借金に対して行われる、いちばん「手軽な」ものであり、借金の返済に行き詰まっている方によって、もっともたくさん行われてきた債務整理の方法です。

ただし、その際は引き換えとして信用情報機関に事故情報が登録され、任意整理後の5年間ほどはクレジットカードを使ったりローンの利用はできなくなるデメリットがあります。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

ただしデメリットと言えるものはそれくらいで、自己破産などのように一時的に職業や資格に制限がかけられたり、官報(国の広報紙)に破産者として掲載されたりなど、いわゆる周囲に知られる恐れがあるデメリットがないのが任意整理の特徴なのです。

 

任意整理のデメリットとは 携帯の支払いはどうなる?

 

携帯料金の支払いも不便に

 

デメリットが少ないと言われる任意整理も信用情報機関に事故情報が登録されるデメリットがあります。

その結果、携帯電話の通話料金をクレジットカードで支払い続けることができなくなります

その他にも任意整理後はローン、クレジットの利用については生活面での不都合が生じるのは避けられません。

 

不安に感じている点は任意整理を依頼する際、弁護士など手続きを依頼する専門家に相談しておくべきです。

ただ、インターネット決済などでクレジットカードの利用が欠かせない、と考えている方にはそれに代わる方法があるので、このあとご紹介します。

 

信用情報に傷がついてしまうと

 

ネット決済でカードが必要

 

任意整理をすると対象となった消費者金融や信販会社は事故情報の登録をします。

 

事故情報があると、新規にクレジットカードを作ることはできませんし、カードローンの申込は不可能になってしまいます。

任意整理の唯一のデメリットと言われるものですが、最近はクレジットカード決済が前提となっているインターネットのサービス等もあります。

 

また急増しているキャッシュレス決済にもクレジットカード登録を要するものもありますから不安に感じている方が多いのも事実です。

 

ブラックリストからは5年ほどで消える

 

いわゆるブラックリストは別に自分の名前がどこかにリストアップされて晒し者になるわけではありません。

 

金融機関など提携業者のみが参照できる信用情報に任意整理をした事実が記録されるのです。

 

任意整理だけではなく、何か月か返済が滞り、債務が保証会社に移管されたような場合もブラックリスト入りに該当します。

つまり「お金を貸すには不適格な顧客である」という情報です。

 

しかし、永遠に残るわけではありません。5年ほどで情報は削除されます。

 

ローン、クレジットカード利用はしばらく不可

 

クレジット契約はできない

 

とはいえ、5年間はクレジットカード、ローンの利用ができなくなりますし、任意整理の対象とならないクレジットカードも更新ができなくなります。

 

カードの更新時には改めて信用情報機関に対して信用情報に問題が発生していないか再度照会する信販会社が多いのです。

 

100%必ず確認する業者ばかりではないようですが、多くはチェックされて更新できないケースがほとんどのようです。

信用情報機関と呼ばれる組織には下記の3団体があります。
  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行協会)

それぞれ加盟している金融機関等に違いはありますが、どの団体も任意整理の事故情報の保存期間は最長で5年間といわれています。

 

スマホ利用料金は振込でも対応

 

では、携帯電話などの支払はどうすればいいのでしょうか。現在ではクレジットカードでの支払が第一の選択肢になっていて、多くの利用者がクレジット払いと言われています。

携帯の利用料は銀行の口座振替で支払うこともできます。クレジットカードが利用できない場合の最初に選ぶべき支払い方法は銀行口座からの振替払でしょう。

また、振込でも携帯の支払はできます
携帯ショップの店頭で契約するとクレジット払いか銀行口座からの自動振替を勧められますが、毎月郵送される振込用紙を使っての振込でも支払えます。

 

毎月コンビニで払込票を使って支払うのは面倒ですが、携帯なしの生活をすることを考えれば許容範囲ではないでしょうか。。

また他の支払い方法としてはデビットカードの利用が挙げられます。

 

一部のスマホ使用料金はデビットカードもOK

 

全てのデビットカードではありませんが携帯の使用料金を支払える携帯会社が増えています。

 

銀行のキャッシュカードとVISA、JCBなどの信販会社が連携しているカードです。クレジットカードのように店頭でキャッシュレス決済ができます。

 

銀行口座の預金残高の以内の金額であれば利用することができますが、携帯の支払いの場合はクレジットのようにポイントがつかない場合もあるようです。

ただ、要注意なのはスマホ本体の料金を月々の通話料金と合わせて分割で支払う場合にはデビットカードの利用ができません。スマホ本体はあくまでもクレジット払い(後払い)の扱いになるためです。

口座からの引落日が携帯キャリアによってバラバラなので、クレジット払いと違って口座残高不足の場合は決済不能になりますから注意が必要です。

最近はやりの格安スマホもデビットカードの支払が可能です。大手携帯キャリアを利用していた人も節約の観点から見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

キャッシュレス決済もデビットカードで

クレジットカードからデビットカードへ

以上のようにクレジットカードを持っていなくても、銀行のキャッシュカードに付帯しているデビットカードをクレジットカードとほぼ同様に利用できます。

 

クレジットは「後払い」、デビットは「都度払い」、つまり利用時に即時、銀行口座から引き落としになるのが基本的な違いです。

 

なので、デビットカードの場合は口座に残っている残高の範囲内でなければ利用できません。

 

いま、急激に増えているキャッシュレス決済でもデビットカードは使用可能。スマホによるQRコード決済アプリにはクレジットカードと同様にデビットカードも登録できます。

 

ただし、注意してほしいのが各サービスによって登録できるカードに違いがあること。

 

あるサービスではVISAとMASTER、別なところではJCBだけ、SMBCデビットだけなどマチマチです。

 

使えるカードと使えないカードがあり、それが決済サービスごとに違います


ただでさえ煩雑なキャッシュレス決済サービスですが、ややこしさの一因となっています。

 

数年のうちに、いずれ淘汰されて使いやすい人気のものだけが残っていくのかも知れません。

まず、あなたの利用したい電子マネー、決済サービスを決めてからどのカードが登録できるのかを調べてみるのが良いでしょう。

 

ローンだけは我慢が必要

 

住宅ローンや自動車の購入にローンの利用が必要なケースもやがて出てくるかも知れませんが、ローンの利用だけはしばらく待たなければいけません。

 

上記のような理由で任意整理後の信用情報が回復するまでには、5年ほどは時間がかかるのです。

 

それまでは現金主義での生活が必要になりますが、その間に計画を立てたり頭金を貯めたりという準備期間と考えるのが良いのではないでしょうか。

また、自動車がどうしても必要となれば、現金で入手できる中古車を候補にしたり、あるいはあなたが無理なら奥様(ご主人)の名義でローンを組むのもありです。

 

原則として、任意整理でも自己破産でも債務整理した本人以外にその影響が及ぶことはありません

 

こちらも合わせて読みたい

 

借金返せないのTOPページへ戻る

借金を返せない時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。